賢いお金の借り方

普段の生活の中で無くてはいけないものの一つがお金です。そのために、私達は働いて報酬を得ているのです。しかし、どんなに備えをしていても、色々な事情でお金が不足してしまうことがあります。

急な病気や怪我、会社の倒産、冠婚葬祭、天災など思いもかけない事態が長い人生のなかでは起こりうるものです。普段から貯金をしているという方以外は、何らかの方法でお金を借りることを考えなくてはいけません。

お金を借りるということはできれば利用したくはないものですが、それでも状況や目的などに応じた賢いお金の借り方を知っておくことは、決して無駄にはならないでしょう。

その前に、お金を借りないですむ方法がないのかどうか考えてみましょう。なんとなく生活が苦しい、少し欲しいものがある、といった状況であれば、どうしてもお金をかりなければいけない状況ではないかもしれません。生活費を見直したり、購入を少し我慢するだけで済むのかもしれません。

お金を借りる前には、まず家計状況の見直しを考えてみましょう。無駄な出費はありませんか?少し我慢できるところはありませんか?

お金を借りると、金利(利息)というコストがかかります。借りる必要が無いのであれば、なるべく利用しない方向で検討しましょう。それでも、どうしてもお金を借りなければいけない場合には、次のポイントを考えてみましょう。

なるべく低金利で借りることのできる方法を考える
金利は、お金を借りる場合に発生するコストです。高い金利でお金を借りると、その分多くのお金を返済しなければいけません。将来にわたる返済負担を少なくするために、なるべく低金利で借りることのできる方法を考えましょう。

多くの情報を入手する
低金利でお金を借りるには、なるべく多くの情報を手に入れることが大切です。お金を借りることのできる先には、様々な先が存在します。多くの情報を入手して、比較検討していくようにしましょう。

お金を借りるには、必要知識も多くあります。何も知識のないまま単にお金を借りてしまうと、思わぬことにもなりかねません。時によっては、人生そのものを破たんさせてしまうことにもなりかねません。そのためにも、多くの情報を入手することは必要不可欠です。

公的融資を活用する
生活が苦しくでお金を借りなければいけないときには、一般の融資よりも、国や市役所などの公共機関を利用することをおすすめします。公的な融資であれば、一般の金融機関よりも圧倒的に低金利でお金を借りることができるのです。まずは、身近な市役所などの窓口で相談してみましょう。

場合によっては、一定期間無利息(元金のみの返済)を行うことも可能です。ただし、公的機関の融資には、審査に時間を要する場合もあります。窓口の担当者とよく相談してみましょう。

目的型ローンや有担保ローンを活用する
一般的にカードローンなどは無担保で、保証人も不要、資金使途が限定されません。その分、金利が高く設定される傾向にあります。可能であれば、教育ローン、カーローンなどといった目的型ローンの方が、金利が低く借りることができますので、検討してしましょう。

また不動産などを所有している場合には、担保として提供することで、低金利融資を受けることも可能です。目的型ローンや有担保ローンを上手に活用しましょう。

消費者金融で至急お金を借りる方法 お金借りる

カードローンでお金を借りる

日常の生活上で、お金に困る場合というものは起こりうるものです。そのようなときに、手軽にお金を借りることができるのがカードローンです。最近では、一般のサラリーマンだけでなく、主婦やアルバイト、パート、学生まで幅広い方にカードローンが利用されています。

カードローンとは、一言でいうと個人向けの小口融資のことです。小口といっても、利用可能額は数百万円から、大きい先で1,000万円の商品も登場しています。個人向けですので、基本的には事業性の資金には利用できません。

基本的に、カードローンは無担保・無保証の融資です。担保や保証人に頼った借入はできません。あくまで申込者本人の能力により、返済を行っていきます。

カードローンは、契約の際に借入限度額が設定されます。決められた限度額範囲内で、借入と返済を繰り返していきます。通常は、限度額の空き枠があればいつでも融資を受けることができます。

借入できる限度額は、審査によって決定されます。希望限度額が決定されるのかは、審査内容により判断されます。申込者の属性、返済能力を総合的に判断して、借入限度額が決定されることになります。

この限度額ですが、大きいほど適用金利が低くなる傾向にあります。例えば借入限度額は50万円以下であれば適用金利は12.0%ですが、100万円以上の場合には8.0%が適用される、といった具合です。小口のカードローンを複数所有するよりも、大きな借入可能な1社を持つ方がお得なケースもありますので注意しましょう。

カードローン審査を利用する上での一番の注意点は「収入と支出のバランス」です。よくテレビCMなどで「ご利用は計画的に!」という宣伝を聞くことがありますが、計画性の無い借入は自分自身の首を絞めることにもなりかねません。これはカードローンに限らす、すべての借金に共通することです。

それには、まず「収入が支出を上回っている」ことが絶対条件になります。借入する前から支出の方が多ければ、返済ができるわけがありません。まずは、自分自身の収入と支出をきちんと確認することからはじめましょう。

「収入ー支出」はその方の「返済余力」といえます。この金額以上の返済は基本的には行うことができないでしょうから、カードローンの利用時には必ず確認することが大切です。返済余力がプラスであれば、ひとまず利用する上で問題はないでしょう。

注意したい点は、カードローンの利用で返済が始まると、この「返済余力」が低下していくことです。毎月返済を行った上で、なおかつ「返済余力」が残っている状態にしなくてはいけません。

万が一、借入により返済余力がマイナスになる状況が生じてくると、支出の見直しなどを早急に検討しなくてはいけません。借入を行ってからこのような状況にならないためにも、事前の計画が大切になってきます。

カードローンを上手に活用すると、人生そのものを豊かにすることもできます。将来のための資格取得の資金をカードローンで借入すると、その借入分が将来の自分に、きっと生きてくるでしょう。カードローンを利用する際には、このような有意義な活用を行いたいものです。